学校選びのコツ|人を癒せる整体師になるには|需要のある仕事に就くために

人を癒せる整体師になるには|需要のある仕事に就くために

学校選びのコツ

ウーマン

専門知識のみでよいのか

放射線技師になるためには、大学や短大・専門学校で専門の養成課程を修了する必要があります。その上で診療放射線技師の国家試験の合格を目指します。養成課程は3年以上通うことが必須となっており、その中には実習も含まれています。短大や専門学校では養成課程をメインとしているため、3年間で必要な知識や技術の習得ができ、受験資格を得ることもできます。そのため専門知識のみの学習でも国家試験の受験をすることには問題はありません。診療放射線技師の国家試験の合格率は毎年約70%とそこまで低くはないため、医療分野の中では目指しやすい資格です。ですが、扱い方に注意が必要な放射線の専門家として、しっかりと学習する必要があります。専門知識のみの学習でも国家試験の受験はできますが、就職後のことを考えると専門知識のみではなく、一般教養も学習できる大学の方がおすすめです。

就職先

放射線技師になりたい人は、病院で働きたいという夢を持っている人がほとんどです。病院の放射線技師は、直接患者さんと接することができるため、とてもやりがいがある仕事です。また医療の分野で放射線はとても重要で欠かせません。扱い方に注意が必要な放射線を、安全に正しく扱うことができる放射線技師は専門家として、今後ますます必要とされていくことが予想されます。国家試験の合格後は中〜大規模の病院に就職活動をする人がほとんどです。しかし短大・専門学校卒の人に比べると、大学卒の人の方が若干優遇される傾向にあります。そのため、病院で働きたいなら、放射線技師の養成課程がある大学を目指すことで夢に近づくことができます。また放射線を扱う知識を持っているため、病院以外にも活躍の場があるのというも、人気の理由です。医療機器の開発・メンテナンスの会社への就職を目指すこともできます。