目に関わる医療専門職|人を癒せる整体師になるには|需要のある仕事に就くために

人を癒せる整体師になるには|需要のある仕事に就くために

目に関わる医療専門職

目の検査

活躍するフィールド

視能訓練士は主に眼科に勤務し、目に関する検査を行ったり視覚の訓練を行ったりする医療専門職の一つです。視能訓練士になるためには養成学校(大学、専門学校など)を卒業して受験資格を得て、国家試験に合格する必要があります。視能訓練士は子どもの患者を相手にすることが多く、女性が多い職種ですが、最近では男性の視能訓練士も増えてきています。また、看護師や保育士を養成する大学等で指定科目を履修している人は短期の養成学校に入学することもできるため、様々なキャリアや学歴をもとに資格取得ができる可能性もあります。眼科に関する検査機器の発達に伴い、視能訓練士の量と質の向上が必要となってきています。今後も視能訓練士のニーズは高まると予測されます。

多様な働き方が可能です

視能訓練士の求人数は多く、総合病院の眼科はもとより診療所でも働くことができます。働き方は様々で、正規職員としてはもとより、パート勤務をすることも可能です。専門職であることからパートであっても時給が比較的高いことも特徴的です。このように非正規雇用であっても収入面が確保しやすいこともあり、子育て中の人や、少しだけ働きたいという人の働き方を実現することも可能な職種の一つでもあります。もちろん、正規職員でバリバリと働く視能訓練士も多く、特に先進的な眼科治療の領域では高度な研究に基づいて訓練を行う人もいます。中には大学院を修了して臨床を行いながら研究も行い、研究成果を出して活かすようなスペシャリストもいます。そのように多様な働き方をする視能訓練士一人ひとりによって、眼科における検査や訓練が支えられていることは魅力の一つでしょう。